歯を失ってしまった場合の治療は?

歯を失う原因には、重度の歯周病、深い虫歯、強い噛み合わせの力による歯の根(歯根)の割れなどがありますが、歯が抜けた後や、抜歯をした後の治療法には、
・義歯(入れ歯)
・ブリッジ
・インプラント
という3つの方法があります。


それぞれの治療法と、メリット、デメリットについてご紹介いたします。



義歯(入れ歯)について

義歯(入れ歯) 義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)は、失った歯の周囲の歯に金具を引っ掛け、人工歯を固定する治療法です。
適応範囲が広く、着脱式でお手入れが簡単な一方、金具がかかる歯に負担がかかり、その歯が傷んでしまうことがあったり、慣れるまでの違和感が強いというお声もよく聞きます。




入れ歯(義歯)治療のメリット

着脱式なので、お手入れが簡単です。

他の治療法に比べると、治療費用が安価で、治療期間も短いです。

ブリッジに比べると、歯を削る量が少ないです。

歯がたくさん抜けてしまった方など、治療の適応範囲が広いです。

入れ歯(義歯)治療のデメリット

ブリッジほどではありませんが、健康な歯を削る必要があります。

食事のときなど、外れてしまうことがあります。

慣れるまで時間がかかる方もいます。

入れたときの違和感が強いとおっしゃる方もいます。

歯にかけた金具が目立つので、見た目が良くなく、引け目を感じる方もいます。

他の治療法と比べると、噛む力がかなり低下します。

金具をかける歯の負担が増加するため、その歯が傷みやすくなります。

義歯(入れ歯)は、昔ながらの治療法の一つです。慣れれば食事は摂れるようになりますが、食べづらかったり、動きが気になってしまうという方も多いです。



ブリッジについて

ブリッジ ブリッジ

ブリッジは、失った歯の両隣の歯から、橋をかけるように人工の歯とつないで歯を補う治療法です。


がっちり固定されるので、噛み心地や味覚は自分の歯に近くなりますが、両隣の歯を削る必要があります。また、両隣の歯(支台歯と言います)を支えにするので、「2本の歯で3本分の力を支える」ことになり、両隣の歯への負担がかかります。




ブリッジ治療のメリット

がっちり固定されるので、噛んだ時の違和感が少ないです。

噛む力が落ちません。

白い歯(保険適応外)であれば、見た目もほとんど自分の歯に近い状態に回復可能です。

ブリッジ治療のデメリット

支台歯を作るために、健康な歯を大きく削る必要があります。

支台歯への、噛む力の負担が増加してしまいます。

力学的に条件が悪い場合は、適応できないことがあります。

基本的に、保険適応の場合、一部を除き、支台歯も含めた3本が『銀歯』になります。


ブリッジとインプラントの違いについて、さらに詳しく知りたい方は » こちら «



インプラントについて

インプラント インプラント

インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根を埋め込み、人工歯のかぶせ物を装着する治療法です。


白い歯(かぶせ物)なので、見た目が自分の歯とほとんど変わりません。強度もあり、噛み心地、味覚も自分の歯とほぼ同じでよく噛めます。また、他の歯にほとんど負担がかからないことも特徴です。健康な歯を削ったり、傷つけることもありません。




インプラント治療のメリット

見た目がほぼ自分の歯と同じなので、周囲に気付かれることがほとんどありません。

隣の健康な歯を削る必要がありません。

周囲の歯への負担が少ないか、ほとんどなく、残っている歯を守ることができます。

噛む力が自分の歯(天然歯)に近く、よく噛めます。

食感(食べたときの感覚)が、自分の歯に近い状態まで回復可能です。

インプラント治療のデメリット

外科手術を伴いますので、全身状態や骨の状態によっては適応が難しいことがあります。

他の治療法と比べると、治療費用や治療期間を多く要します。

治療に少し時間はかかりますが、現在可能な治療方法の中では、インプラントは最もよく噛め、他の歯への負担が少なく、残っている歯を守ることにもつながります。顎の骨が痩せている方も、骨を足す手術でインプラント可能になるケースがあります。適応症例の幅は広がってきておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。(インプラントは保険適応外です。)



動画で解説

歯を失った場合の3つの治療法


 

 

米沢歯科クリニック


〒770-8055
徳島県徳島市山城町東浜傍示 番外17
アクセス・地図はこちらから

〒770-8055
徳島県徳島市山城町東浜傍示 番外17
アクセス・地図はこちらから

 

【診療科目】
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科

【診療科目】
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科

 

診療日時表

 

【2022年8月の休診日】 【2022年9月の休診日】
3日(水)、11日(木・祝)、12日(金)、13日(土)、14日(日)、15日(月)、21日(日)、24日(水)、31日(水) 4日(日)、7日(水)、14日(水)、18日(日)、19日(月・祝)、23日(金・祝)、28日(水)